読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界で初めて戦争をなくすプロセスを説明する

日本は第2次世界大戦後、戦争をなくそうと決意した世界市民の理想を描いた国連憲章の精神を最も色濃く実現した平和憲法を持つ国ですが、昨今その憲法を改正し、平和へ向かう気持ちに逆行する動きがあることを憂慮しております。憲法の精神を忠実に実現するなら、戦争を無くすことができ、ひいては国防も成るのです。そのために全力を尽くすと決心を示した日本人としての誇りを堅持しよう。

防衛装備の国産維持について

うーん、この人は防衛装備の国産化は需要も少なく無駄で、海外製の装備を輸入するのが正しいとしている。

しかしね、装備関係者はそんなの百も承知でやってることよ。

日本は戦中まで世界でもトップクラスの航空技術を持っていたわけですが、戦後連合国により制限を受けたことは周知の通り。(ってか知らない人多いみたいだけど)

だから現在MRJごとき飛行機の開発にすら苦労する状況となったわけです。

開発に苦労しただけではない。規格適合試験すら国内でできずにアメリカにもって行ってる。

一度途絶えた技術を再開することがどれだけ大変なことなのかを示す良い実例を自ら挙げておきながら、国内生産を無意味とする筆者には一貫性すら認められない。

そのような情勢であるから、これまでも常に逆に日本の装備を輸出しようという活動があり、つい最近実現の運びとなったわけである。武器輸出三原則の緩和だ。

この問題を語るには、金額や性能といった近視眼的視点ではなく、もっと視野を広げなければ語れない難しさがあるのです。

zasshi.news.yahoo.co.jp