読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界で初めて戦争をなくすプロセスを説明する

日本は第2次世界大戦後、戦争をなくそうと決意した世界市民の理想を描いた国連憲章の精神を最も色濃く実現した平和憲法を持つ国ですが、昨今その憲法を改正し、平和へ向かう気持ちに逆行する動きがあることを憂慮しております。憲法の精神を忠実に実現するなら、戦争を無くすことができ、ひいては国防も成るのです。そのために全力を尽くすと決心を示した日本人としての誇りを堅持しよう。

TPP批准について

TPPが本当に日本の国益に合うのか。正直アメリカの訴訟姿勢を見ているとデメリットやリスクのほうが多いような印象を受けていた。

アメリカがTPP離脱を通告した段階で事実上TPPは白紙になるのであろう。あらゆる前提が覆るはずだ。日本としてはアメリカ抜きでTPPを主導する良いチャンスでもあると思う。いずれにせよ世界が自由貿易体制に進むことは間違いない。2国間協定は基本的にTPPの枠より相手の条件を悪くすべきだ。最低ラインをTPPとして、それより踏み込んだ要求をされてもTPPを盾に断るのは相手も納得せざる終えないだろう。そしてこちらが有利な条件をできるだけ押し付ける。すべての加盟国がこの線で交渉を進めれば、TPPへの加入希望も増えてくることだろう。

 

私は阿部首相がトランプ氏に早期会談を望むとテレビで話しているのを聞いて「そんな急ぐ必要もない。」と書いていたのだが、ふたを開けてみれば外国首脳で一番最初の会談となった。一番というのはいろいろな意味で価値を持つと思う。結果としては良かったと思うのである。

同様に、TPPについても他国に先駆けてTPPを批准するならば、それは今後の主導権を握るためにも有益であろうと考える。白紙に戻る可能性が高いからこそ、安心していの一番に批准して、白紙後の交渉の主導権を握るように担当諸官が準備することを期待したい。

官僚は一様に賢いはずだが、そういった戦略的な動きが感じられないのがもったいない。愚図な政治家が求めたとき、もうできてますよ、と出してきてくれたらいいな。

 

 

headlines.yahoo.co.jp